自然林再生専門家研修(2020)

2011年 研修風景

地球温暖化が深刻化する今、自然林を再生して子孫の命を守ろう

 今年は台風15号による強風、19、21号による洪水が全国で大きな被害をもたらしました。世界各地でも高潮・干ばつ・山火事による被害が深刻化しており、CO2の排出量と世界の平均気温は記録を更新しています。今や市民一人一人が、自ら立ち上がり、子孫の命を守るために温暖化危機に具体的な行動を起こす時です。

 自然林はCO2を吸収して温暖化防止に貢献するだけでなく、多様な生物の生存拠点となります。さらに、津波・火災・水害・斜面崩壊などの災害から人々の命を直接守る防災効果を発揮します。

 人類が破壊し続けてきた自然林を再生することが、今すぐに誰でもできる具体的行動の一つです。

 そのためには哲学から現場技術まで一貫した知識を身につける必要があります。あなたも、大きな課題に向けた第一歩を踏み出してみませんか。この研修はあなたが自然林再生の専門家になるための本格的で最短のコースです。職歴、経験などは問わず、18歳以上であればどなたでも参加できます。

 ここでいう「自然林再生」とは科学的知見に基づきその土地の潜在自然植生種を多種類選定し、その苗木を混植・密植することで多様な森林を速やかに再生創造する方法です。

 この研修は今までに合計11回実施し、既に141人の専門家「植生工学士」が誕生しました。その中には、東日本大震災の被災地で森の防潮堤づくりを提案・実施したり、学校内の敷地で自然林再生を行ったりなど、積極的に大きな活動をされておられる方々がいらっしゃいます。また市民参加の植樹祭の準備作業や当日の植樹指導など地道ですが重要な役割を、楽しく果たしていただいております。

 今回12回目を実施することとなり、以下の通りご案内申し上げます。

研修後取得する資格

研修最後の試験にパスすると、次の資格が取得できます。
資格名:植生工学士(ふるさとの森づくりマイスター)【商標登録第5351787号】

研修カリキュラムと講義の概要

 鈴木邦雄氏(横浜国立大学前学長)、原田洋氏(横浜国立大学名誉教授)、矢ケ崎朋樹氏、林寿則氏ら生態学研究者のほか、豊富な実務経験者を講師に迎え、哲学から現場実習まで中身の濃い研修です(講師・時間割など変更の可能性有)。

研修の日時と場所

日程場所アクセス
3月20日(金・祝横浜情報文化センター
tel 045-664-3737
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
みなとみらい線
日本大通り駅直近
3月21日(

湘南国際村
担当者携帯tel 090-7227-7904
神奈川県横須賀市の現場

JR逗子駅より京浜急行バス30分
(8:30発 逗16 湘南国際村センター前行きに乗車)
3月22日(横浜情報文化センター
tel 045-664-3737
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
みなとみらい線
日本大通り駅直近

研修参加申し込み

参加費:55,000

参加申し込み期限: 3月 15日

参加費振込み口座:

ゆうちょ銀行
記号:10040  普通預金 
口座番号:87596431

口座名称:特定非営利活動法人国際ふるさとの森づくり協会

*ゆうちょ銀行の通帳とカードをお持ちの場合、ATMから電信振替いただくと月1回まで無料、2回目以降123円の手数料です。(2019年6月現在)

お問い合わせ先

Fax、電話でもお申込みいただけます。不明な点はいつでもお尋ねください。

NPO法人 国際ふるさとの森づくり協会 髙野義武(携帯090-7227-7904)

〒389-1223 長野県上水内郡飯綱町袖之山497-4
Tel 026-253-4740
Fax 026-219-1203
mail info@renafo.com
お問い合わせメールフォームもご利用ください。

よくある質問

質問答え
研修に参加したいのですが、年齢制限はありますか?
18歳以上の方を対象としています。17歳未満で参加希望の方はご相談ください。
研修に参加するのにプロフェッショナルな予備知識は必要ですか?森づくりに興味をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。分からないことは、どうぞ講師にご質問ください。
研修に参加するにあたって、参考になる書籍があれば教えて下さい。宮脇昭先生の著書をご覧ください。特に、NHKブックス109「植物と人間」をお勧めします。(毎日出版文化賞受賞、1957年初版)
研修会場と自宅が遠いので宿泊して参加したいのですが、 決まった宿はありますか?特にありません。 参加者ご自身にお任せしております。
実習日が雨天の場合はどうなりますか?荒天中止ですが、雨天でも実施予定です。研修1日目に決定します。 今までの研修では、雨が降ったことはありましたが、中止したことはありませんでした。 雨具(上下のレインコート)の用意をお願い致します。
実習日の持ち物と服装を教えて下さい。服装は、長袖長ズボン・帽子・軍手(丈夫なものがおすすめ)、足元は長靴がおすすめです。実習場所は土の斜面なので、ぬかるむ可能性があります。
雨天決行ですので、それに備えて上下のレインコートをご用意下さい。
懇親会の詳細を教えて下さい。研修2日目終了後、逗子駅付近の居酒屋で有志の懇親会を開催します。会費は3,500円です。
宮脇先生はお見えになりますか?今回はおいでにはなられませんが、この研修と植生工学士の事はよくご存じで、気にしていらっしゃるご様子です。