湘南国際村めぐりの森植樹祭

レナフォ連携の森植樹祭

meguri1

2010年に「第1回 湘南国際村・めぐりの森植樹祭」が開催され、2016年現在、第11回を数えています。既に1万4千㎡の土地に4万2千本の苗木が植樹されました。

この植樹祭は、市民・企業・行政が協力して活動するという「協働参加型植樹祭」としてしっかりと根付いています。宮脇昭先生の指導よる「混植・密植」の本物の「ふるさとの森づくり」として、5月初めには参加者が500人を超える「春の植樹祭」を、また10月から11月にかけては、「秋の植樹祭」あるいは、植えた苗木を育てる「秋の育樹祭」のいずれかを開催しています。宮脇昭先生の「木を植えると言うことは、こころに木を植えること、こころに森をつくる事」の考えのもと、多くの人たちが楽しく、そして充実した1日を過ごしています。お子様連れのご家族や年配の方に至るまで、どなたでも参加できる植樹祭です。また、企業の皆様には、意義のあるCSR活動として、ご協賛いただいています。

「第11回湘南国際村・めぐりの森植樹祭」の模様は、YouTubeでご覧下さい。

 

meguri2