湘南国際村レナフォ連携の森育樹作業(報告)

日付:2019年6月8日(土)
時間:10:15~12:00
イベント内容:育樹(草抜き)
現場:湘南国際村めぐりの森2017年5月14日の午前中の植樹地(同年にレナフォアラートとして緊急育樹した場所)

アクセス:JR逗子駅より京浜急行バス逗16「葉山大道 湘南国際村センター前」行き~約30分「湘南国際村センター前」下車~徒歩15分で現場
バスの発車時刻:9:30発
参加費:無料
持ち物・服装:作業に適した長袖長ズボン、靴、帽子、軍手、剪定ばさみなどの除草道具(お持ちであれば)、飲み物

天気:薄曇り
参加者:7名

前日から関東地方は梅雨入りしましたが、この日は朝には雨が上がりました。
キジとウグイスの鳴き声が響く気持ちのいい現場でした。
雑草は、道路に面した側には、80cmほどに生長したヨモギが、中央部分には、1mほどに生長したセイタカアワダチソウが、山側には、イタドリが繁茂していました。
しっかり繁茂している雑草と格闘する場所もありましたが、植樹の際に敷いたワラと、今まで草抜きをした際にそのまま置いた雑草のマルチングのお陰でフカフカした場所もあり、大きく育った雑草がスポスポ抜けることもありました。
苗木は順調に生長していることが確認できました。中には、結実しているオオシマザクラのサクランボもありました。

ご参加下さった7名の皆様、お疲れさまでした!
本当にありがとうございました!

キジの雄
今回の参加者は、男性7名
育樹前
オオシマザクラが結実していました
育樹後 苗木がすっきりして見えます。